せどり初級者の内はあまり価格差にこだわらない

せどりの収益率を高めたいなら、まずは売れる経験を積んでいくのがおすすめです。せどりで稼ぐ事を何回か経験すれば、自然と売上も伸びていく傾向があります。最初の内は、あまり価格差を意識しない方が良いでしょう。

安く買って高く売っていくせどり

せどりの基本は、安く仕入れて高く売る事ではあります。WEBオークションや実店舗などで安く仕入れて、通販サイトの倉庫サービスで売っている方も少なくありません。500円で商品を仕入れて、倉庫で2,000円で売却すれば、差し引き1,500円分の利益になるでしょう。
その方法で多数の商品を売れば、大きく稼ぐ事もできます。人によっては、せどりで年収1,000万円ほど稼いでいる事もあるのです。そこまで到達するのは簡単ではありませんが、収益を生み出すのは不可能ではありません。せどりで副業している方も多いですし、脱サラしている方もいます。

価格差を広げるのはハードルも高くなる

上述のような仕組みになりますから、そのネットビジネスに慣れていない頃は、価格差が気になる事も多々あります。価格差を大きくして稼ぎたいと思っている方も、少なくありません。
例えば上記のように500円で仕入れて2,000円で売却するのではなく、3,000円などで売る事を目指してみる訳です。単純計算で1,000円分は利益が大きくなりますし、多くの商品を売る事ができれば、かなり差が生じるでしょう。
しかし価格差が広がれば、もちろんハードルも高くなります。当然ですが、3,000円で品物を売却するよりは、2,000円の方がハードルは低いでしょう。やはり買い手としては、値段も重視しているからです。
確かに売れれば利益は生じます。しかし3,000円で売れなければ、収益率も低くなってしまうでしょう。であれば、やはり2,000円など低めな価格にしておく方が良いのです。

最初の内は価格差を大きくしない

初心者の頃は、上述の3,000円にする事にこだわってしまい、失敗してしまうケースも多いです。失敗が続いてしまいますと、なかなか続けられないでしょう。
それよりも、やはり2,000円などの低めな価格にしておく方が無難です。まずは2,000円などで安く売ってみて、収益発生の経験を積むのを優先させるべきです。売れる仕組みが分かってくれば、モチベーションも高まるでしょう。
最初の内は、あまり利益率にこだわるのではなく、売る経験を積んでみるのがおすすめです。経験を積んでコツが分かってくれば、自然と収益率も伸びていく傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*